ノモンハンの夏

文春文庫

半藤 一利

2001年6月8日

文藝春秋

858円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

参謀本部作戦課、そして関東軍作戦課。このエリート集団が己を見失ったとき、満蒙国境での悲劇が始まった。司馬遼太郎氏が最後に取り組もうとして果せなかったテーマを、共に取材した著者が、モスクワのスターリン、ベルリンのヒトラーの野望、中国の動静を交えて雄壮に描き、混迷の時代に警鐘を鳴らす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.91

読みたい

3

未読

11

読書中

1

既読

113

未指定

50

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Tngt1

熱量

starstarstar
star
3.5 2019年10月04日

戦争を繰り返さないために身を削って書くってこういうことですね。読む方も苦しいが、書く方は病むでしょう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください