清張さんと司馬さん

文春文庫

半藤 一利

2005年10月7日

文藝春秋

607円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「虫の眼」清張と「鳥の眼」司馬ー松本清張と司馬遼太郎という戦後文学の二大巨匠はまた、昭和史そして激動する現代社会にも厳しい批評を提示し続けた。二大巨匠の活動が最も旺盛であった昭和30年代後半から40年代にかけて、著者は担当編集者として二人に出会い、多くのことを学んだ。間近に接した巨匠の等身大の実像がここにある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.1

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

5

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2020年10月25日

流石に「選択」に書いてあったような清張に対する悪口は書いてない。お互いの比較が面白かった。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2019年05月24日

流石に「選択」に書いてあったような清張に対する悪口は書いてない。お互いの比較が面白かった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください