走ることについて語るときに僕の語ること

文春文庫

村上 春樹

2010年6月30日

文藝春秋

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

もし僕の墓碑銘なんてものがあるとしたら、“少なくとも最後まで歩かなかった”と刻んでもらいたいー1982年の秋、専業作家としての生活を開始したとき路上を走り始め、以来、今にいたるまで世界各地でフル・マラソンやトライアスロン・レースを走り続けてきた。村上春樹が「走る小説家」として自分自身について真正面から綴る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(15

starstarstarstar
star
4.21

読みたい

14

未読

4

読書中

3

既読

120

未指定

129

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」

--
0
2019年12月26日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

走ることについて一冊の本にできるのが凄い

starstarstar
star
3.5 2021年07月28日

ジャンルでいったらエッセイなのかな。走ることを通して思うことを書いているだけでここまで読者わ飽きさせないのは凄いし、いつもは小説でしか知らなかった村上春樹についていろいろわかって結構興味深かった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください