我らが隣人の犯罪

文春文庫

宮部みゆき

1993年1月9日

文藝春秋

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

僕は三田村誠。中学1年。父と母そして妹の智子の4人家族だ。僕たちは念願のタウンハウスに引越したのだが、隣家の女性が室内で飼っているスピッツ・ミリーの鳴き声に終日悩まされることになった。僕と智子は、家によく遊びに来る毅彦おじさんと組み、ミリーを“誘拐”したのだが…。表題作以下5篇収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(15

starstarstar
star
3.76

読みたい

18

未読

11

読書中

3

既読

227

未指定

182

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2020年05月14日

短編集。 5篇の主人公はみんな気づかぬうち物語に巻き込まれる。 本当に事件性があったのは祝・殺人ぐらい。だけど、平和的な生活の中に時々ある、ちょっとミステリアスな出来事を扱ってるという感じ。 殺人事件という非日常な出来事よりも、こうした日常に寄り添った出来事の方が実際馴染みやすい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください