大地の子 三

文春文庫

山崎 豊子

1994年2月10日

文藝春秋

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「あつ子、すまなかった、探し出すのが遅過ぎた」-陸一心こと松本勝男は、三十六年ぶりにめぐりあった妹・あつ子に泣いて詫びた。妹は張玉花と名のり、寒村で過労の果てに病いの床にあった。兄妹の実父・松本耕次は、子供らの消息をつかみえぬまま、奇しくも陸一心とともに日中合作の「宝華製鉄」建設に参加していた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.97

読みたい

9

未読

12

読書中

1

既読

106

未指定

90

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください