猫を抱いて象と泳ぐ

文春文庫

小川 洋子

2011年7月8日

文藝春秋

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「大きくなること、それは悲劇である」。この箴言を胸に十一歳の身体のまま成長を止めた少年は、からくり人形を操りチェスを指すリトル・アリョーヒンとなる。盤面の海に無限の可能性を見出す彼は、いつしか「盤下の詩人」として奇跡のような棋譜を生み出す。静謐にして美しい、小川ワールドの到達点を示す傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(22

starstarstarstar
star
4.21

読みたい

36

未読

21

読書中

2

既読

133

未指定

93

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」

--
0
2019年12月14日

みんなのレビュー (1)

not_angel_xxxx

美しく優しく温かい時間

starstarstarstar
star
4.5 2021年03月22日

マスターとバスの中で交わされる、美しく、優しく、温かい時間。 多分主人公の少年は、そこで時間が止まって欲しいと願ったんだろう。 温かい日差しの中、甘い香りで満ちたその空間で育まれたのは、チェスの技術だけではなかったと思う。 後半に訪れる、外の世界のあまりの残酷さとの対比が辛くて唇を噛み締めながら読みました。 それでもミイラとの出逢いは、彼にとっても何事にも変えられない出来事だったのだろうけども。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください