海賊奉行

文春文庫

高橋 義夫

2005年12月6日

文藝春秋

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

新陰流の奥山休賀斎に師事した小笠原玄信斎は、信州・伊那谷の山中で修業を続けていた。長崎奉行である叔父・小笠原一庵に命ぜられた玄信斎は、長崎からフィリピン・マニラへと旅立った。どうやら彼の地で関ヶ原の残党や明国、エスパニア勢が糾合し、打倒徳川幕府を計画しているというのだ。真相を探る玄信斎の運命は。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください