錆びる心

文春文庫

桐野 夏生

2000年11月10日

文藝春秋

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

十年間堪え忍んだ夫との生活を捨て家政婦になった主婦。囚われた思いから抜け出して初めて見えた風景とは。表題作ほか、劇作家にファンレターを送り続ける生物教師の“恋”を描いた「虫卵の配列」、荒廃した庭に異常に魅かれる男を主人公にした「月下の楽園」など全六篇。魂の渇きと孤独を鋭く抉り出した短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstar
star
2.67

読みたい

0

未読

14

読書中

1

既読

64

未指定

88

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

駄作

star
0.1 2022年08月23日

面白そうだと読んでいると急に唐突に終わってしまう。何だったの今までは?

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください