輪違屋糸里 上

文春文庫

浅田 次郎

2007年3月9日

文藝春秋

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

文久三年八月。「みぶろ」と呼ばれる壬生浪士組は、近藤勇ら試衛館派と、芹沢鴨の水戸派の対立を深めていた。土方歳三を慕う島原の芸妓・糸里は、姉のような存在である輪違屋の音羽太夫を芹沢に殺され、浪士たちの内部抗争に巻き込まれていく。「壬生義士伝」に続き、新選組の“闇”=芹沢鴨暗殺事件の謎に迫る心理サスペンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.08

読みたい

10

未読

15

読書中

1

既読

99

未指定

86

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください