蔭の棲みか

文春文庫

玄月

2003年1月10日

文藝春秋

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大阪市東部の下町にある、迷路のような集落。そこに隠棲するソバン老の右手首は、戦争で吹き飛ばされた。朝鮮人の元軍人が補償を求めて提訴したという新聞記事が、彼の過去を蘇らせ、集落に事件を呼ぶことに…。第122回芥川賞受賞作に、おおらかなユーモア漂う「おっぱい」と「舞台役者の孤独」を併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

8

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

kojongsoo8318

현월 [그늘의 집]

starstarstarstar
star
4.3 2019年01月21日

ありふれた在日文学だが、だからといって無視してもよいわけではない

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください