世に棲む日日 二

文春文庫

司馬 遼太郎

2003年3月7日

文藝春秋

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

海外渡航を試みるという、大禁を犯した吉田松陰は郷里の萩郊外、松本村に蟄居させられる。そして安政ノ大獄で、死罪に処せられるまでの、わずか三年たらずの間、粗末な小屋の塾で、高杉晋作らを相手に、松陰が細々とまき続けた小さな種は、やがて狂気じみた、すさまじいまでの勤王攘夷運動に成長し、時勢を沸騰させてゆく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.5

読みたい

10

未読

24

読書中

2

既読

90

未指定

105

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください