功名が辻(1)新装版

文春文庫

司馬 遼太郎

2005年2月10日

文藝春秋

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天下にむかってはなばなしく起ち上った織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門とよばれる、うだつの上らない武士がいた。その彼に、賢くて美しい嫁がくるという…伊右衛門は妻千代の励ましを受けて、功名をめざして駈けてゆく。戦国時代、夫婦が手をとりあってついには土佐一国の大名の地位をえた山内一豊の痛快物語。全四冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.86

読みたい

11

未読

19

読書中

0

既読

85

未指定

101

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstar 3.0 2020年08月14日

大河ドラマであったにもかかわらず、レンタル屋さんにもおいていなく、未だ一回も見ていないのが非常に残念です。物語は普通の下級武士が、それなりに出世を目指して頑張る話です。この巻で2点、秀吉が内儀の千代を記憶して激賞する話と良馬の話は、両方とも有名な話ですが、人心掌握術、仕事に対する信用度と時代を超えて不変なのかなと改めて感心しました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください