花妖譚

文春文庫

司馬 遼太郎

2009年4月10日

文藝春秋

550円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

清の八十翁・松齢の庭に突如咲いた一茎の黒い花。不吉の前兆を断たんとしたその時に現われたのは(黒色の牡丹)。人間稼業から脱し、仙人として生きる修行を続ける小角がついに到達した夢幻の世界とは(睡蓮)。作家「司馬遼太郎」となる前の新聞記者時代に書かれた、妖しくて物悲しい、花にまつわる十篇の幻想小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.55

読みたい

3

未読

0

読書中

1

既読

11

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください