空中庭園

文春文庫

角田光代

2005年7月8日

文藝春秋

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(22

starstarstar
star
3.19

読みたい

18

未読

32

読書中

0

既読

237

未指定

218

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

秘密のない人はいない

starstarstarstar 4.0 2021年05月13日

【何ごともつつみかくさず】 郊外のダンチで暮らす京橋家。ダンチからちょっと行くと、ディスカバリーセンターという大きなショッピングモールがある。ダンチに住む人々は、ほかに行くところもないので、ダンチとディスカバの往復で一日を消費している。 ・何ごともつつみかくさず、 ・タブーをつくらず、 ・できるだけすべてのことを分かち合おう、 というモットーのもとにあたしたちは家族をいとなんでいる。何ごともつつみかくさない、というのはパパとママの基本的な考え方で、かくすというのは、恥ずかしいからかくす、悪いことだからかくす、みっともないからかくすわけで、でも、あたしたちの生活の中に恥ずかしいことも悪いこともみっともないこともあり得るはずがない、というものだ。 かくしごとをしない、というモットーは、ひょっとしたら、とてつもなく大きな隠れ蓑になるんじゃないか。あたしたち家族の一日は、いや、あたしたちの存在そのものは、家族に言えない秘密だけで成り立っていて、そのこと自体をかくすために、かくしごと禁止令なんかがあるんじゃないか。その禁止令がある限り、家族の誰も疑ったりはしないのだから。 へんなことだと思う。 ひとりだったら秘密にならないものが、みんなでいるから隠す必要がでてくる。 へんなことだと思う。 本当はみんなが秘密を隠し持っているのだ。タブーのないはずのないはずの家族の間には、怖いほどの秘密が隠されている。 六人の視点から六人それぞれの物語が綴られていく。話し手が変わるたびに明らかになっていく、秘密。その秘密の暗さ、重さ。ズシンズシンとページをめくるほど圧し掛かってくる。それにあなたは耐えられるでしょうか? 映画化されています。

全部を表示

あおたん

(無題)

starstar
star
2.7 2020年03月29日

ほかの作品がとっても面白かっただけに、空中庭園はイマイチかなぁと言う感じ。 好きだったところは、短編か繋がっていて1つの家族の話なんだけど、一話毎に主人公が変わっていくのが良かった。 一見幸せそうな家族なんだけど、そこの中にある闇。 空っぽなお父さんの話がリアルで良かったな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください