昭和史発掘 4

文春文庫

松本 清張

2005年6月10日

文藝春秋

957円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

ファシズムへと暴走していく日本の姿を活写する松本清張の歴史的名著。心優しいプロレタリア作家が特高警察によって筆舌に尽くしがたい拷問の末惨殺された「小林多喜二の死」、破局への一大転換点であった「天皇機関説」。言論の自由を圧殺したものへの、深く静かな怒りが滲む。他に「京都大学の墓碑銘」「陸軍士官学校事件」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.27

読みたい

5

未読

1

読書中

0

既読

15

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください