葉桜の季節に君を想うということ

文春文庫

歌野 晶午

2007年5月31日

文藝春秋

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たしてー。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(254

starstarstar
star
3.73

読みたい

214

未読

202

読書中

26

既読

1682

未指定

963

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」

--
0
2019年12月11日

みんなのレビュー (29)

古今東西の本棚

(無題)

starstarstarstar 4.0 2022年05月15日

「何でもやってみよう屋」の成瀬将虎の元に色々な頼みごとが舞い込んでくる。そんな折、自殺を図った女 を助け出した将虎に詐欺グループの悪事を暴いてほしいという依頼が舞い込んできた。 タイトルが素敵ですが本書はミステリーです。読んでいて、何で話がバラバラに展開するのかなと疑問に思ったのですが、最後のネタバラシに見事に引っかかりまし た。もう一つの謎の方は解いたんだけどな...残念。

全部を表示

onochin

なにコレ?

star
0.6 2024年07月17日

ミステリー賞を総ナメ?全くわからん!

全部を表示

Readeeユーザー

 

starstarstarstar
star
4.4 2024年07月14日

きっといつまでも、一番好きなミステリーのタイトル。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.6 2024年05月12日

叙述トリックものならもっと短い方が良いと思う。 謎も単純だった。 本の装丁は抜群にいい。

全部を表示

Yuka

「えっ!あっ!」

-- 2024年05月02日

よく「実写化不可能と言われていたこの本!なんと!実写化決定!!!」と謳われているが、これこそ不可能だと思った。多くの人が書かれているように「えっ!あっ!」となる。そういう感覚を味わいたい人は、じっくり本で読んでほしい。だいぶ複雑だが、点を線にするとちゃんと府に落ちる。こういう凝った作品、なかなかないのでは?

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.8 2024年02月24日

Readeeユーザー

捨てた

-- 2024年02月02日

気持ち悪いから可燃ゴミの袋に入れて

全部を表示

Gotch

キレイに騙された

starstarstarstar 4.0 2023年12月08日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2023年10月06日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

本読むマン

(無題)

starstarstar
star
3.5 2023年02月18日

見事に騙された。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2023年02月08日

まさかの“年寄り” そう分かって考えてみると辻褄合う。 けど、ちっともそんな風に感じない文章だったよ⁉︎ ズルイなぁ……

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.8 2023年01月02日

わかっていても騙される叙述トリック、強いメッセージ性にインパクトを受けた。 時系列、場面が中盤まで分散していたが、終盤にそれらが一気に繋がり唖然とした。これまで読んだ作品の中で最も2度読みしたいと感じた作品だった。

全部を表示

M-17

(無題)

starstarstarstar 4.0 2022年12月18日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Administrator

初めて読んだミステリー作品

starstarstarstar
star
4.5 2022年10月24日

25歳の誕生日に妻からプレゼントされた本。 仕事に関する技術書しか読まない自分に対し、 「読書の楽しさを知って欲しい」とのこと。 この本に出会うまでは、「小説って何の役に立つ?」「漫画で良くない?」といった考えで生きていた。 この本の仕掛けは漫画や映像作品では絶対に実現出来ない。 それだけで自分の小説に対する価値観は180度、いや、540度変化した。 多くのミステリー作品を愛する方々にとって、 この本に施されたトリックは高度なものでは無いかもしれない。 現に自分も読み進めていく中で「そんなのアリか?」と思う部分もあった。 0.5ポイント及ばないのはそれが理由。 ただ、小説に対する価値観を変えてくれた本であり、過去の自分と同じような価値観の方には是非読んで頂きたい本のため、4.5ポイントという高評価になりました。

全部を表示

Readeeユーザー

良かった!

starstarstarstarstar 5.0 2022年07月24日

中居くんのおすすめで読み始めました。最初から終盤まで結構つまらないと思いながら読み進めました。が、最後の最後で今まで読んできた部分が覆りました。えー!これはもう一度読み返さなければ!と。二回読んで完結する前編後編小説かも。これからの自分の生き方を考えさせられました。

全部を表示

Readeeユーザー

まさかの箇所が叙述トリック

starstarstarstar
star
4.5 2022年06月17日

「何でもやってやろう屋」を自称する男の中の男の手術は、同じフィットネスクラブの愛子からある調査を依頼された。 また一方で、自殺を図ろうとしているところを救ったヒロインさくらと出逢って…。  あらゆるミステリーの賞を総なめに。  男の中の男主人公とさくら、愛子とキヨシの2組のラブストーリーの交錯のお話。  どんでん返しは…。これは映像化できないわ。  桜の紅葉のように…と感動した作品。

全部を表示

Readeeユーザー

パズル

starstarstarstar 4.0 2022年01月03日

全然関係のなさそうな話が気がついたらパズルのように組み合わせってストーリーが繋がって見えるようになる。そうすると、驚きの事実を知り、納得する。 繋がりが見えなくてなんだこれと思ってたけど、最後まで読むとおぉそうかそうかと思う。けど、ヤクザの話と金をむしり取る会社の話の繋がりはなんなのか1回読んだだけじゃ分からんな。 あとは、最後の最後になんか恋愛小説みたいで好きくない。

全部を表示

taboke

(無題)

starstarstar 3.0 2021年12月20日

映像化は無理だ!と思える傑作。

全部を表示

Readeeユーザー

つまらない

starstar 2.0 2021年09月10日

時系列がわかりにくいと思っていたら、、、 がっかり でもスラスラとは読めた

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2021年08月15日

読みやすい文ではあるのだけどいかんせん登場人物が多すぎる&長すぎるので少々だれてしまった 年齢かぁ〜〜叙述トリック見抜けなかったな…

全部を表示

Readeeユーザー

素晴らしい

starstarstarstarstar 5.0 2020年05月02日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

読みやすかったけど

starstarstar
star
3.1 2020年02月13日

登場人物がみんななんだかちょっとめんどくさそうなタイプばっかりで感情移入しにくかった。読み終わる前にネタバレを見てしまったので最後の方はこれかーと思いながら読んでいた。個人的には京の気持ちが知りたいなぁ。

全部を表示

taboke

(無題)

starstarstar 3.0 2020年01月08日

映像化は無理だ!と思える傑作。

全部を表示

Mr.T

面白かった!

starstarstarstarstar 5.0 2019年09月14日

ラストの種明かしに驚愕!これは絶対に映像化不可能。

全部を表示

Readeeユーザー

二度と三度読みたくなるとあるが、一回よんたらもういいかな

starstar
star
2.3 2019年06月22日

正直、究極の徹夜本ではないかと思います。 ただ、ほかのミステリーては違う驚きが最後の方に待っている。それが全てを凌駕し、そして少し落胆します。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.4 2019年05月22日

叙述トリックというものにしっかりハマってしまった。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年11月11日

びっくりぽんや!

全部を表示

子丸

騙されなかったらすごい

starstarstarstar
star
4.9 2018年01月05日

やられた感があります。これ、最初から疑えた人は凄すぎます。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

--

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください