帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。

文春文庫

高山 なおみ

2009年4月10日

文藝春秋

792円(税込)

小説・エッセイ

高山なおみが本格的な「料理家」になる途中のサナギのようなころの、雨ではないが晴れ間でもない、なにかの中間にいることの落ち着かなさ、不安さえ見え隠れする淡い心持ちを、そのままに綴ったエッセイ集。なにげない日々のなにげない出来事が静かに心を揺らし、切なく痛い。カラー口絵、32レシピ付き。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

9

未読

0

読書中

1

既読

10

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください