企業買収 バイアウト

文春文庫

幸田 真音

2009年11月10日

文藝春秋

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

なにより大切なのは出口シナリオだー。ファンド業界の風雲児、相馬顕良が仕掛ける、壮絶な企業買収オペレーション。外資系証券会社で働く広田美潮はこのディールに加担することでいったい何を得て何を失うのか。日本経済の希望を描き続ける著者渾身の長篇小説。「会社」は誰のものなのか、を問う倉都康行氏との対談を併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

4

読書中

1

既読

5

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください