天地人 下

文春文庫

火坂 雅志

2010年4月9日

文藝春秋

913円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

光秀討滅後、着実に日本統一への歩みを進める秀吉の膝下に、上杉家も屈する。領国安堵された二人は、次第に豊臣政権でき大きな存在となる。石田三成と親交を結ぶ兼続だが、秀吉亡き後、徳川家康と対立し、遂に関ケ原の戦いを迎える…。信長、秀吉、家康と渡り合い上杉家を存続させた主従の姿を描いた大河小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

1

未読

2

読書中

1

既読

16

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

直江兼続

starstarstar
star
3.6 2020年08月20日

直江兼続の義のあり方 関ヶ原の戦い後の政治力、愛が素晴らしかった

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください