私の男

文春文庫

桜庭 一樹

2010年4月30日

文藝春秋

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

落ちぶれた貴族のように、惨めでどこか優雅な男・淳悟は、腐野花の養父。孤児となった十歳の花を、若い淳悟が引き取り、親子となった。そして、物語は、アルバムを逆から捲るように、花の結婚から二人の過去へと遡る。内なる空虚を抱え、愛に飢えた親子が超えた禁忌を圧倒的な筆力で描く第138回直木賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(30

starstarstar
star
3.15

読みたい

24

未読

37

読書中

7

既読

205

未指定

129

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

桜庭一樹「私の男」
--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

下衆かった

starstarstar 3.0 2019年06月10日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

(無題)

star 1.0 2017年06月08日

まったく好きになれなかった。小児性愛、近親相姦、マザーコンプレックスと、世間から非難されやすいテーマを、これでもかと描写していた。 ここまで臆面もなく、生々しい描写を続けるということは、意図的に読者に嫌悪感を抱かせるつもりだったのだろう。 林真理子の書評の通りだ。 この目論見は僕にも、「ストレートに効きすぎた」。 読み進めるごとに嫌悪感は増幅していき、これを文学性とは感じることができなかった。 頭が固いのかもしれないが。 物語は主人公花の結婚前日から始まる。「私の男」は養父淳悟だ。彼女たちの秘密の関係が、どのようにして生まれたのか。 花の夫や淳悟、淳悟の元恋人などの視点を交えて時間を遡る形で話が進んでいく。 ただ、遡ったままで時間軸は元に戻らないため、失踪した淳悟のその後などは不明のままでであり読者としては消化不良を感じた。これも確信犯なのだろうけど。 いずれにせよ、テーマ、文章、構成のどれをとっても好きにはなれなかった。 書評 逆行する構成 賛否両論 文体のの怪しさや雰囲気 高評価 書き出しの仕掛けの巧みさ 高評価 表現力や描写が稚拙 低評価 現実性 低評価 井上ひさし 試みは巨きく、そしてその試みはほとんど成功している。」「章が変わるにつれて時間が逆行して行き、そのつど読者はそのときどきの真相を知って絶句することになる。」「これを起きた順に書けば、あいだに二つの殺人もあるし、どろどろの近親相姦モノに成り果てて読むに耐えなかっただろうが、作者は(たぶん)ギリシャ悲劇の「オイデプス王」の構造をかりて時間を遡行させてどろどろ劇をりっぱな悲劇に蘇生させた。」 林真理子 私はこの作品をどうしても好きになれなかった。」「作者がおそらく意図的に読者に与えようとしている嫌悪感が私の場合ストレートに効いたということであろう。」「主人公の女性にも父親にもまるで心を寄せることが出来ない。」「私には“わたし”と“私の男”が、禁断の快楽をわかち合う神話のような二人、とはどうしても思えず、ただの薄汚ない結婚詐欺の父娘にしか思えない。」

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください