あぽやん

文春文庫

新野 剛志

2010年10月8日

文藝春秋

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

遠藤慶太は29歳。大航ツーリスト本社から成田空港所に「飛ばされて」きた。返り咲きを誓う遠藤だったがーパスポートの不所持、予約消滅といった旅客のトラブル解決に奮闘するうちに空港勤務のエキスパート「あぽやん」へと成長してゆく、個性豊かな同僚たちと仕事への情熱を爽やかに描いた空港物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.41

読みたい

4

未読

5

読書中

0

既読

69

未指定

57

書店員レビュー(2)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

新野剛志「あぽやん」

--
0
2019年12月16日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.1 2019年04月11日

お仕事小説はその仕事の大変なことがわかったり、勉強になることも多いからあっという間に読める。主人公の遠藤慶太はドラマ化されたせいもあり伊藤淳史がちらつきながら読んだ。今泉の柳葉といいピッタリ。慶太の恋愛も気にはなるから続編も近いうちに読まなくては‼︎

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください