技を伝え、人を育てる 棟梁

文春文庫

小川 三夫 / 塩野 米松

2011年1月7日

文藝春秋

781円(税込)

科学・技術 / 文庫

時代に逆行する「徒弟制度」「共同生活」が、技の継承に必要なのはなぜか?法隆寺最後の宮大工・故西岡常一の内弟子を務めた後、「鵤工舎」を設立、数々の寺社建設を手がけ、後進を育てた著者が、引退を機に語る金言。「技を身につけるのに、早道も近道も裏道もない」「任せる時期が遅かったら人は腐るで」。心に染みる言葉の数々。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

3

読書中

1

既読

6

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください