悼む人(上)

文春文庫

天童荒太

2011年5月10日

文藝春秋

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

不慮の死を遂げた人々を“悼む”ため、全国を放浪する坂築静人。静人の行為に疑問を抱き、彼の身辺を調べ始める雑誌記者・蒔野。末期がんに冒された静人の母・巡子。そして、自らが手にかけた夫の亡霊に取りつかれた女・倖世。静人と彼を巡る人々が織りなす生と死、愛と僧しみ、罪と許しのドラマ。第140回直木賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(20

starstarstar
star
3.42

読みたい

31

未読

44

読書中

0

既読

185

未指定

195

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

天童荒太「悼む人」

--
0
2019年12月18日

みんなのレビュー (2)

とめ

良い。心が洗われる。

starstarstarstar 4.0 2022年08月23日

イライラしたり人の悪いところばかり気にしていた自分が恥ずかしくなる。すべての死者を分け隔てなく悼むことは実際には不可能であるが、その気持ちが万人への愛、宗教の原点のような気がした。愛などについて書かれたものを読もうと思うことはなかったがこの本は自然と読め、愛を考えることができた。筆者は医師のサポートを受けただけあり癌患者の日常等の描写に具体性がありそこもよい。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

--

不慮の死を遂げた人々を“悼む”ため、全国を放浪する坂築静人。静人の行為に疑問を抱き、彼の身辺を調べ始める雑誌記者・蒔野。末期がんに冒された静人の母・巡子。そして、自らが手にかけた夫の亡霊に取りつかれた女・倖世。静人と彼を巡る人々が織りなす生と死、愛と僧しみ、罪と許しのドラマ。第140回直木賞受賞作。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください