小銭をかぞえる

文春文庫

西村賢太

2011年3月10日

文藝春秋

638円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

女にもてない「私」がようやくめぐりあい、相思相愛になった女。しかし、「私」の生来の暴言、暴力によって、女との同棲生活は緊張をはらんだものになっていく。金をめぐる女との掛け合いが絶妙な表題作に、女が溺愛するぬいぐるみが悲惨な結末をむかえる「焼却炉行き赤ん坊」を併録。新しい私小説の誕生。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

12

未読

1

読書中

0

既読

21

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください