半分の月がのぼる空 4

文春文庫

橋本 紡

2013年9月3日

文藝春秋

671円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

春になり、裕一は進級のため、レポート三昧の日々。香里の手術はひとまず成功したものの、余命の長さはおぼつかない。やがて二人は『チボー家の人々』に各々の想いを託し、物語はクライマックスを迎える。病院という閉鎖された空間で見えない明日を信じて生きる少年少女たちを活写し、巡礼地をも生んだ現代の名作、遂に完結!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

4

読書中

0

既読

3

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください