世界の果て

文春文庫

中村 文則

2013年1月4日

文藝春秋

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

部屋に戻ると、見知らぬ犬が死んでいたー。「僕」は大きな犬の死体を自転車のカゴに詰め込み、犬を捨てる場所を求めて夜の街をさまよい歩く(「世界の果て」)。奇妙な状況におかれた、どこか「まともでない」人たち。彼らは自分自身の歪みと、どのように付き合っていくのか。ほの暗いユーモアも交えた、著者初の短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.03

読みたい

7

未読

10

読書中

1

既読

46

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください