円卓

文春文庫

西 加奈子

2013年10月10日

文藝春秋

550円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

公団住宅で三つ子の姉と、両親、祖父母に愛されて暮らす「こっこ」こと渦原琴子は、口が悪く、偏屈で硬派な、孤独に憧れる小学三年生。こっこの日常は、不満と問題と驚きと発見に満ちている。世間の価値観に立ち止まり、悩み考え成長する姿を、活きのいい言葉でユーモラスに温かく描く。光溢れる感動傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(21

starstarstar
star
3.56

読みたい

220

未読

15

読書中

1

既読

177

未指定

127

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

西加奈子「円卓」

--
0
2019年12月19日

みんなのレビュー (1)

non_ne_jp

香田めぐみ

starstarstar 3.0 2020年05月24日

こっこは大人なふりをしている、ただの子どもくらいに思っていたけど、読み進めるうちに、真剣に死んでいくことの責任を感じた。 どこの文を切り取っても面白い。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください