泥ぞつもりて

文春文庫

宮木 あや子

2014年4月10日

文藝春秋

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「余はこれから何人の女を抱かねばならぬのだろう」-時は平安。清和、陽成、宇多、若くして即位した天皇たちはそれぞれに孤独な屈託を抱えていた。そして、後宮の女たちは、そんな主上のお訪いを来る夜も来る夜もただひたすら待つのだった。いつの世も変わらぬ、身を滅ぼさんばかりの物狂おしい恋情を描いた時代絵巻誕生。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

5

読書中

0

既読

5

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください