真田三代 下

文春文庫

火坂 雅志

2014年11月7日

文藝春秋

1,001円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

人は利で動く。義など方便に過ぎぬー幸隆と昌幸はそう考える合理主義者だった。しかし上杉家での人質生活で直江兼続と出会った幸村は、彼を心の師と仰ぎ、自らの義を模索する。秀吉すでに亡く、家康により世は定まりつつある。戦国が終わりへ向かう中、強きものになびかず誇りを貫いたその輝きを描く完結篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.52

読みたい

2

未読

10

読書中

0

既読

64

未指定

64

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください