秋山久蔵御用控 始末屋

文春文庫

藤井 邦夫

2015年12月4日

文藝春秋

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

二人の武士に因縁をつけられた中年浪人が、衆人環視の中、相手を斬り捨てた。武士たちは強請たかりを繰り返すろくでなしで、現場に居合わせた和馬は、尋常の立合いの末であり問題はないと久蔵に伝えた。だが“剃刀”久蔵は浪人の振る舞いに違和感を覚え、手下たちに浪人の素性を探らせる。大人気書き下ろしシリーズ第25弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

2

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください