むかし・あけぼの 上 小説枕草子

文春文庫

田辺 聖子

2016年4月8日

文藝春秋

990円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

有名な歌人の父・清原元輔に溺愛されて育った海松子。男顔負けの学才を持ちながら、凡庸な夫と平凡な結婚生活を送っていた。そんな海松子の楽しみは、物語でもなく日記でもない草子を書き綴ること。その「春はあけぼの草子」が宮中で評判となり、一条帝の后・定子に仕えることになり…心ときめく枕草子の世界がいまここに!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

7

読書中

0

既読

2

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください