金色機械

文春文庫

恒川 光太郎

2016年5月10日

文藝春秋

990円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

時は江戸。ある大遊廓の創業者・熊悟朗は、人が抱く殺意の有無を見抜くことができた。ある日熊悟朗は手で触れるだけで生物を殺せるという女性・遙香と出会う。謎の存在「金色様」に導かれてやってきたという遙香が熊悟朗に願ったこととはー?壮大なスケールで人間の善悪を問う、著者新境地の江戸ファンタジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

9

未読

9

読書中

0

既読

15

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください