静かな炎天

文春文庫

若竹 七海

2016年8月4日

文藝春秋

759円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ひき逃げで息子に重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く(「静かな炎天」)。イブのイベントの目玉である初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日(「聖夜プラス1」)。タフで不運な女探偵・葉村晶の魅力満載の短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(21

starstarstar
star
3.8

読みたい

57

未読

18

読書中

3

既読

120

未指定

105

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

つぐさん

(無題)

starstarstar
star
3.4 2020年02月11日

推理小説の豆知識オンパレード

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.6 2019年02月02日

葉村晶シリーズ、初読み。 短編で構成されているので読みやすかったけど、描写や情報が多くてなかなか頭に入っていかず、間をあけてしまうとまた読み返さないと…ということを繰り返して読了。 日常ミステリであって、現実離れしてるわけではない部分は読みやすい。ヒロインはタフ、頭もよく、ユーモアもあり魅力的。プライベートは今回語られてないから既刊も読まないと!と感じた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください