とっぴんぱらりの風太郎 下

文春文庫

万城目 学

2016年9月2日

文藝春秋

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

和議成立ののち、平穏な日々が戻ったのも束の間、血なまぐさい因縁が風太郎を追い立てる。やがて訪れる最後の大決戦。燃え盛る大坂城目指し、だましだまされ、斬っては斬られ、忍びたちの命を懸けた死闘が始まる。崩れ落ちる天守閣、無情の別離、託された希望。圧巻のクライマックス。万城目学、時代小説でもお構いなし!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(24

starstarstarstar
star
4.06

読みたい

32

未読

28

読書中

0

既読

164

未指定

180

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (4)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.8 2019年01月11日

突拍子もない話かと思ったけど、至極真面目な時代小説。楽しいのは風太郎と黒弓の軽妙なやりとりだけ。上巻に出てきたおかしな貴族は「あの方」。ひょうたんの精?、因心居士の相方、果心居士が復活し、大団円になるかと思いきや、厳しい現実の中で、風太郎たち忍者は移りゆく時代を乗り越えることができず…。壮絶なクライマックス。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.8 2018年06月20日

突拍子もない話かと思ったけど、至極真面目な時代小説。楽しいのは風太郎と黒弓の軽妙なやりとりだけ。上巻に出てきたおかしな貴族は「あの方」。ひょうたんの精?、因心居士の相方、果心居士が復活し、大団円になるかと思いきや、厳しい現実の中で、風太郎たち忍者は移りゆく時代を乗り越えることができず…。壮絶なクライマックス。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください