テミスの剣

文春文庫

中山 七里

2017年3月10日

文藝春秋

847円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

豪雨の夜の不動産業者殺し。強引な取調べで自白した青年は死刑判決を受け、自殺を遂げた。だが5年後、刑事・渡瀬は真犯人がいたことを知る。隠蔽を図る警察組織の妨害の中、渡瀬はひとり事件を追うが、最後に待ち受ける真相は予想を超えるものだった!どんでん返しの帝王が司法の闇に挑む渾身の驚愕ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(46

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

45

未読

56

読書中

2

既読

302

未指定

259

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

幸太郎

(無題)

starstarstar
star
3.5 2024年02月13日

免罪が確認されそれを正す事によりそれに携った人々の人生が犯され又次の犯罪が起きる。これは実社会でも幾度となく報道されている。人間は確信的を含めミスをするその対応が遅ければ遅いほどその処理対応は拡大する。それではどうすれば良いのか?

全部を表示

まが

(無題)

starstarstarstar 4.0 2023年08月31日

テーマもテーマなので終始重苦しい雰囲気はあったけど気になって寝る間も惜しんで読んでしまいました。 時系列は予想してなかったけど、新たなもので面白かったです。 読んだ後に、果たして誰が悪い?時代のせい?法律のせい?色々自分の中で考えさせられる作品でした

全部を表示

みんとぐりーん

渡瀬のルーツ

starstarstarstar 4.0 2019年11月26日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください