さよなら、ニルヴァーナ

文春文庫

窪 美澄

2018年5月10日

文藝春秋

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

14歳の時に女児を殺害し、身を隠すように暮らす元「少年A」。少年に惹かれ、どこかにいるはずの彼を探す少女。その少女に亡き娘の姿を重ねる被害者の母親。そして環の外から彼らを見つめる作家志望の女性。運命に導かれるように絡み合う4人の人生は思いがけない結末へ。人間の深奥に切り込む著者渾身の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.72

読みたい

26

未読

10

読書中

2

既読

73

未指定

64

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2018年08月28日

途中気分が悪くなりかけながらも、、読む手が止まらなかった。人生にはどうしようもないようなことが故意にしろそうじゃないにしろ降りかかってきて、それでも生きていかないといけない大きな苦しみが伝わった。 なんていうか、衝撃ってかんじではなかったかな…結局事象がカチッとはまらないことが自分には合わないんだと思う。いろんな伏線を残すのがこの作品の魅力なんだろうけど。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください