八丁堀「鬼彦組」激闘篇 福を呼ぶ賊

文春文庫

鳥羽 亮

2019年3月8日

文藝春秋

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸では最近、独り働きの盗人が大店の蔵に忍び込み、七、八十両を盗み、挨拶代わりに招き猫の絵を置いていく、という事件が頻発している。が、被害にあった店では以前よりも商売繁盛となり、いつしか“福猫小僧”などと噂されるようになった。奉行所に被害を届けることも遠慮し、当然奉行所の捜査も手ぬるいものに…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください