国境の銃弾

警視庁公安部・片野坂彰

文春文庫

濱嘉之

2019年8月6日

文藝春秋

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「この国に、真の諜報組織をつくれ!」警視庁公安部長の密命を受けた、国際派の若きキャリア公安マン片野坂彰。最強の先輩情報官と、音大出身で三か国語を操る女性捜査官を相棒に、特捜チームが始動する。最初の事件は、国境を望む対馬。一撃で三人を殺した黒幕はー。大人気の青山望シリーズに続く、公安小説の最先端!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.63

読みたい

9

未読

8

読書中

2

既読

43

未指定

64

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください