徒然ノ冬 居眠り磐音(四十三)決定版

文春文庫

佐伯 泰英

2020年12月8日

文藝春秋

803円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

田沼一派に襲われた豊後関前藩の跡継ぎ福坂俊次を守って、毒矢に切られた霧子。治療により命こそ取り留めたものの、未だ目を覚まさない。回復を祈る坂崎磐音らは、眠ったままの霧子を船に乗せ、小梅村にある尚武館道場の長屋へと迎える。仲間の門弟たちの稽古の声が響く地で、利次郎が中心となって懸命の看護が続くのだがー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.6

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

10

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください