烏百花 白百合の章

文春文庫

阿部 智里

2023年5月9日

文藝春秋

759円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

とんでもない意気地なし、と噂の少年・雪哉に剣の指導を頼まれた市柳。怯える雪哉に自信満々で打ち込むが、異和感を覚える(「ふゆのことら」)。貴族の少年たちが、父の跡を追う職人が、権力闘争のはざまに育つ姫君が、全身全霊で守りたいものとは。異世界ファンタジー「八咫烏シリーズ」震撼の第二部へ橋をかける必読の8編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.58

読みたい

12

未読

17

読書中

0

既読

40

未指定

45

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.6 2023年11月27日

かれのおとない。みよしは嫁ぐ。亡き兄、茂丸の思いを雪哉に託し。ふゆのことら。不遜な市柳に振り下ろされる雪哉の順刀。ちはやのだんまり。結が選んだ男との交際を明留と兄の千早は許すのか。あきのあやぎぬ。亡き夫の借金のために側室となった環。おにびさく。亡き父のあとを継いだ登喜司の鬼火灯籠。なつのゆうばえ。夕蝉の若き頃。弟、融を見つめる目。はるのとこやみ。音でつながる倫と浮雲。怜は双子の弟と姫を愛した。きんかんをにる。金烏親娘の干し金柑作り。あとがき。古き善き山内の記憶。このあと第二部第二巻が待っている。

全部を表示

みずたま

(無題)

starstarstar
star
3.9 2023年08月15日

いろいろと切ない。山内の状況が下降線なんだからそりゃハッピーなわけはないのだけど。どうして雪斎はあんななっちゃったの?治真くんがまだそばにいるんだから信じてて良いのよね?金柑って飴しか食べたことないのだけど、生では食べられないのでしょうか?

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください