私のロシア文学

文春学藝ライブラリー

渡辺 京二

2016年8月19日

文藝春秋

1,375円(税込)

文庫

作品を読むのは生きた経験をすることですー本書は、少年時代からロシア文学を愛してやまない著者が、チェーホフ、プーシキン、ブーニン、ブルガーコフなど十九世紀作品を中心に縦横に語り尽くすオリジナル文学講義!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あきら

(無題)

-- 2019年01月13日

んー、ロシア文学というのは、何かとても人間的で泥臭い、でもフランスやドイツとは違った洒脱さや色気があって好きなのです。 チェーホフはもちろん、プーシキン、ブーニンも。次はブルガーコフを読もう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください