笑い宇宙の旅芸人(下)

徳間文庫

かんべむさし

1990年8月1日

徳間書店

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

まだ地平線の果ての見えない笑街道。作者ともども、花麿、じてんしゃ、デメンチアの苦闘も続きます。「笑いは生理的には、人の心身を『緩和』『解放』『無防備』状態となさしめるものであるが、『異常』に接したとき、それと彼における『通常』との距離や落差を計り…」なんて哲学的な思索もあったりして。万人を笑わせる“究極の笑い”は見つかったか?読者諸兄姉の賢明なる洞察では?巨篇意欲作完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください