闇の法廷

徳間文庫

西村寿行

1988年10月1日

徳間書店

491円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

美貌の女・鷹見玲子に魅せられた現役の判事、弁護士、警官が密かに開く私設法廷。法の網をくぐり抜けた犯罪者は、この“闇の法廷”で告発され、苛烈なまでの裁きを受けるのだ。ダンプカーで犬を轢き殺した運転手、杜撰な捜査と裁判で無実の人間を死なせ、一家を破滅させた裁判官と検事、妻子を前面で弄ばれ、復讐に走った男。法とは何か?正義とは…。巨匠が鮮烈に問う衝撃の連作集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください