戦国武将列伝(2)

徳間文庫

縄田一男

1992年4月1日

徳間書店

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

尾崎士郎「墨股一夜城」、南条範夫「初対面」、中山義秀「四季の小車」、山岡荘八「売ろうもの関白」、杉本苑子「耳塚のすみれ」、田辺聖子「淀君と北政所」、長部日出雄「利休の眼」、吉川英治「大谷刑部」、井上靖「真田影武者」、五味康祐「切腹」-。草履取りから豊太閤太政大臣にまで成り上った天下人秀吉を中心に、彼を取巻くさまざまな人間群像を10人の大家、実力派が華麗に描いた傑作アンソロジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください