会うは盗みの始めなり

ユ-モア・ピカレスク

Tokuma novels

赤川次郎

1994年6月30日

徳間書店

800円(税込)

小説・エッセイ / 新書

ホストクラブ〈ホストQ〉の個室で死体が発見された。殺されたのは典型的なサラリーマン・伊東正士で、ブロンズの裸婦像で後頭部を一撃されたらしい。警視庁捜査一課の美人刑事・今野真弓は現場へ急行した。〈ホストQ〉には、伊東と同じ団地に住む野田が働いており、真弓は野田の妻・茂子から夫の尾行を依頼された矢先だった。早速、真弓は夫で泥棒の淳一と共に捜査を開始するが、殺された伊東の妻・かね子が野田と浮気していたことがわかり、事件は思わぬ方向へ…。異色コンビのユーモア・ピカレスク第十弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください