平壌クーデター作戦

静かなる朝のために

Tokuma novels

佐藤大輔

2003年5月31日

徳間書店

942円(税込)

小説・エッセイ / 新書

存亡の危機に瀕している国、北朝鮮ー。総参謀部偵察局副局長・林寿満中将より、皇鉄龍少佐は、“祖国統一戦争計画の再検討”の命を受けた。時を同じくして日本では、防衛庁情報本部・矢上陸将補が、浅岡二等陸佐へ“K半島分析評価”の命を下していた。着々と任務をこなしていくうち、次第に二人の思惑が、遙か遠い異国の地にいながらも、交錯しはじめる…。憂国の青年将校・皇鉄龍が、北朝鮮を救うため、独裁政権の武力打倒を謀る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください