沙門空海唐の国にて鬼と宴す(巻ノ3)

Tokuma novels

夢枕獏

2007年8月31日

徳間書店

900円(税込)

小説・エッセイ / 新書

安禄山の乱の折、長安の都を落ちのびた玄宗皇帝は、臣下の反乱を抑えるため、最愛の楊貴妃を処刑せざるを得ない状況に陥った。しかしそこに現れた胡の道士・黄鶴は、驚くべき提案をする。それは、尸解の法を用いて貴妃をいったん仮死状態にして難を逃れ、そののちに倭国ー日本に連れて行き、ほとぼりをさますというものだった。しかしこの案は、恐るべき結末をむかえることとなった…。遡ること四十数年前。晁衡こと安倍仲麻呂が詩仙・李白宛に遺した手紙に記された、身の毛もよだつ顛末。空海は、倭国の言葉で記されたこの手紙を、柳宗元のために読み下す。一方、青龍寺の恵果のもとにも、妖しき影が現れ…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください