標高二八〇〇米

樋口明雄

2011年11月30日

徳間書店

1,760円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

標高3,193メートルの南アルプス北岳山頂ー高山病に罹ったらしい小学5年生の息子・涼が訴えた頭痛で、早めの下山を決意した滝川。高度が下がるたびに、行き交う登山者たちの口から発せられる「携帯電話不通」「相棒クライマー行方不明」という言葉。そして、置き残された登山用具、無人状態のテントと山小屋…。標高2,800メートル以下で、立て続けに起こる怪異現象に父子は?名うてのホラー作家がアウトドアをメインの舞台に描く、新感覚サスペンス短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

3

未読

2

読書中

0

既読

5

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください