非常識な休日が、人生を決める。

結果を出す人がやっている50の逆転の時間術

千田琢哉

2016年7月20日

徳間書店

1,430円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

月曜の朝が待ち遠しい?それともブルー?オフに没頭、オンは脱力。これが必勝パターンだ!常識を打破した時間の使い方が成功に直結する!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

5

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ka---

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2020年05月03日

・長期休暇や週末は、人生計画の練り直しに充てる。間違っても長期休暇や週末にどかっと頑張ろうなどしてはいけない。これは、普段いかにサボっているかということが露呈するだけだ。日々、こつこつとこなそう。 ・残業は朝の遅刻と同じ。残業したらお金を貰えるなら、遅刻したときもお金を貰えないとおかしい。 ・自分だけの成功の方程式を見つけよう。 1.何かに没頭すること。 2.かくあるべしという執着を手放すこと。 3.PDCAサイクルを淡々と回すこと。これらをやれば確実に成功の方程式を見つけられる。否、自然に見つかる。 ・浮気するのは本命に出逢えていないから。 ・マイナーなこ自分の好きなことなら、ラッキー。 ・出かけに喧嘩したり、ガミガミ言われたりすると、事故にあったり、違反切符を切られたり、マイナスなことが起こる。 ・思考は現実化するは本当。しかも、〇〇になりたいよりも〇〇になりたくないのほうが現実化する。これは脳が善悪ではなく、強弱で判断するから。 ・長期的成功者とは淡々と成すべきことする人。他人と比べるのではなく、自分自身と常に勝負している。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください