輝山

文芸書

澤田瞳子

2021年10月1日

徳間書店

1,980円(税込)

小説・エッセイ

江戸後期、弘化年間。金吾は石見国大森銀山にやって来た。大森代官・岩田鍬三郎の身辺を探るためだ。代官所の中間として働き始めた金吾だが、そこで待っていたのは銀山を支えるため懸命に生きる人々との出会い。命の危険にさらされながら間歩の中で鉱石を採掘する掘子、重い荷を運び母と妹を養う少年、世を憎み、酒浸りの日々を送る僧侶。そして彼らを慈悲深く見守る岩田…。さまざまな思いに触れ、金吾はいつしか彼らに魅せられていく。産み出された良質で大量の銀が世界経済を動かし、「銀鉱山の王国」と呼ばれた石見銀山。常に危険と隣り合わせで働く名もなき掘子たちの生きざまを活写した歴史群像。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

12

未読

2

読書中

0

既読

37

未指定

47

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

しまゆ

書店員

銀山を生きた人たち、そして今も生きる人たち

starstarstarstar
star
4.5
1
2022年02月12日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください